Future.Industry Japan

2021年10月14日(木)・15日(金)
オンライン開催

  • Days
  • Hours
  • Minutes
  • Seconds
October 14, 2021 09:00:00

未来を見据えて

Future.Industryは、よりスマートでコネクテッドな世界のため、データ分析、AI、シミュレーション、HPCテクノロジーの融合の可能性を探求するオンラインイベントです。

Altairの経営陣や開発責任者による最先端のテクノロジーの動向を示す「Thought Leadership」(10月14日午前)や、世界一のスパコン「富岳」の開発を主導する理化学研究所の松岡先生をはじめとする基調講演、様々な業界のAltair製品ユーザー様による開発事例のご発表と、充実したプログラムで皆様をお迎えします。

※タイムテーブルは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※10/19-21開催「Future.Industry」(グローバル版)はこちらからお申し込みください。

基調講演 / 特別講演

松岡 聡 様
松岡 聡 様 国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS) センター長
碓井 稔 様
碓井 稔 様 セイコーエプソン株式会社 取締役会長
石崎 哲男 様 / 上田 稔 様
石崎 哲男 様 / 上田 稔 様 本田技研工業株式会社 デジタル改革統括部 / 完成車開発統括部
内山 裕弥 様
内山 裕弥 様 国土交通省 都市局都市政策課 課長補佐

タイムテーブル

10月14日(木) タブを切り替えて午前 / 午後のプログラムを表示
午前: Thought leadership
10:00-10:15

ご挨拶

取締役社長 加園 栄一

10:15-10:45

The Convergence of AI, Simulation and HPC

James R. Scapa, CEO

Uwe Schramm
10:45-11:05

Path to Augmented Simulation

Uwe Schramm, CTO

Brett Chouinard
11:10-11:30

Pandemic, Proof that the Cloud is Here to Stay

Brett Chouinard, CTO

11:30-11:50

Embracing a Data-informed Culture, Why Now?

Sam Mahalingam, CTO

午後: プリポスト/構造
13:00-13:30

[基調講演]ホンダ“ものづくり”改革

本田技研工業株式会社 デジタル改革統括部 プロダクトライフサイクルマネジメント部 部長 石崎 哲男 様 / 完成車開発統括部 開発品質課 チーフエンジニア 上田 稔 様

自動車業界を取り巻く環境変化、特にカーボンニュートラルは我々のビジネスモデルに大きな影響を及ぼしています。

大量生産、大量消費の時代は終焉を迎え、コロナに端を発したデジタル化の加速も相まり、過去のビジネスモデルが通用しない時代に突入しました。この様な背景を受けて、サステナブルな社会、多様な顧客ニーズへの対応、レジリエントな組織の実現に向けて、デジタルを活用した企業体質強化と新価値創造が求められています。

今回は、体質強化の取り組みとしてHONDAが進めている 『ものづくりデジタル改革』について紹介します。

13:30-13:50

商用車駆動系コンポーネントの振動、強度評価へのSimSolid活用による評価精度向上、期間短縮(仮題)

日野自動車株式会社 ドライブトレーン開発部 主幹 須藤 伸也 様

13:50-14:10

Ultrasim® - 樹脂の特性を考慮した解析技術

BASFジャパン株式会社 パフォーマンズマテリアルズ事業部 技術グループ 平田 稔 様

従来より、自動車業界において軽量化や部品点数の削減を目的とした金属部品の樹脂化が行われてきました。現在では、設計の最適化を目指し設計余裕度の縮小を目指すお客様が増えてきております。弊社は今後も金属部品の樹脂化はさらに加速されると考えており、必要な予測技術の開発を進めております。
本講演にて、樹脂製品設計における弊社のサポート体制とガラス繊維複合材料を用いた解析技術を製品事例を用いてご紹介いたします。また今後の製品開発において必要とされる予測技術として開拓された弊社の新たな解析技術をご紹介いたします。

※会期後の資料公開なし

14:10-14:25

スポンサー講演

株式会社電通国際情報サービス

※会期後の資料公開なし

14:25-14:45

トポロジー最適化を用いたCFRTPマルチマテリアル自動車車体構造の軽量化

日産自動車株式会社 先端材料・プロセス研究所 竹本 真一郎 様

車体の骨格部品の軽量化と低コスト化を両立するため、トポロジー最適化解析と大変形構造解析を用いて、ボディサイドパネルのアルミニウム/CFRTPマルチマテリアル構造設計を行った。この結果、50%の軽量化を達成するとともに、大幅部品点数削減と、高価なCFRTPの使用量最小化による低コスト構造を見出した。さらにボディサイドパネルの一部である実部品サイズのBピラーを試作、実験評価し、この構造コンセプトの生産性と剛性・強度の成立可能性を実証することができた。

※会期後の資料公開なし

14:45-15:05

冷却水用加圧式リザーブタンクへのCAE解析活用事例

和興フィルタテクノロジー株式会社 CAE解析グループ 細野 佳明 様

冷却水用加圧式リザーブタンクは高温高圧で使用され、車両の振動も受ける樹脂製品である。過酷な環境にさらされながらも、軽量かつ高い信頼性を持った樹脂製タンクを開発するため、その開発段階ではCAE解析による様々な評価を行っている。
本講演では、初期構想設計から、詳細設計や妥当性検証、製造性検討の各段階にて使用しているCAE解析の活用事例を、トポロジー最適化や板厚最適化、振動や熱、疲労等の各種解析、樹脂成形解析事例等、幅広く御紹介する。

15:05-15:25

次世代eVTOL実現に向けたJAXAの挑戦

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 構造・複合材技術研究ユニット 青木 雄一郎 様

JAXAではトポロジー最適化を活用した山間部物輸eVTOL(electric Vertical Take-Off and Landing: 電動垂直離着陸機)の機体設計手法について研究を進めています。各部位の補強構造案をトポロジー最適化により取得し、炭素繊維自動積層機、炭素繊維刺繍機、3Dプリンター等の自動製造技術により試作し、工法の実用化に向けた基礎データを収集しています。本講演では、トポロジー最適化で得られたドローン機体構造の製造性や構造一体化による部品点数の削減効果、構造軽量化の可能性について紹介いたします。

15:25-15:45

機構解析の事例紹介および設計の効率化手法について

日本プラスト株式会社 先行開発部 山本 修平 様

自動車のコンソールやグローブボックスなどの機構部品は、使用するスプリングやダンパーによりリッドの開く時間や操作荷重をコントロールしている。弊社では、それらを開発初期からMotionSolveを活用し、性能予測を行っている。最近では、開発期間の短縮を目的に、使用するスプリングやダンパーを効率良く選定する為、HyperStudyを活用している。本講演では、アルテア製品の活用事例と機構部品設計の効率化の取り組みについて紹介する。

※会期後の資料公開なし

15:45-16:00

[スポンサー講演] 今こそ取り組むデジタルエンジニアリング展開 ~設備設計、生産準備、製造工程へのDX/3Dデータ活用~

富士通株式会社 COLMINA事業本部PLMソリューション事業部 大倉 信昭 様

CAE活用に取り組まれているお客様は、製品開発における様々なシーンで3Dデータを活用したデジタルエンジニアリングを実現されてきたと思いますが、ものづくり全体のDXに向けては、3Dデータ活用は他にも様々な可能性を秘めています。例えば、300万部品におよぶ大規模な機械装置設計、組立業務や工程設計におけるデジタル生産準備、過去トラブル及び対策情報などのナレッジ共有、ロボットプログラムの自動生成、リモート設計環境実現、など様々な活用が可能です。本講演では、製品開発領域のみならず、ものづくり全体へのデジタルエンジニアリング展開を実現する富士通の取り組みをご紹介いたします。

※企業ブースのアンケート回答者に講演資料提供

16:00-16:20

船体構造設計支援ツール“PrimeShip-HULL” ~世界最大規模のHyperWorksカスタマイズ~

一般財団法人 日本海事協会 船体開発部 主管 長 俊寿 様

PrimeShip-HULLは、ClassNKが提供する船体構造規則・ガイドラインに基づいた評価を行うためのHyperWorksをプラットフォームとした船体構造設計支援ツールです。
国内外の主要な造船所・設計会社において広く使用されており、船舶向けにカスタマイズされた様々な機能が、ユーザの設計工数削減に寄与するとともに安全かつ経済的な船舶の開発に貢献しています。
現在、新しいHyperWorksに対応した次世代PrimeShip-HULLの開発を進めており、本講演では、最新のカスタマイズ事例や今後の展開についてご紹介いたします。

16:20-16:40

船体ブロック溶接工程最適化におけるHyperWorksの活用

大阪大学大学院工学研究科 地球総合工学専攻船舶海洋工学部門 教授 大沢 直樹 様

大阪大学工学研究科と大阪大学接合科学研究所が共同開発した固有歪法大型溶接構造物組立シミュレータJWRIANSHPにHyperWorksインタフェースを実装し、溶接・ひずみ取り(熱矯正)で生じる大型構造物の溶接変形を短時間・軽計算負荷で計算することを可能にした。これにより、生産現場で溶接・ひずみ取り工程の最適化が可能になった。開発システムを用いて、異なるひずみ取り工程に対する船体上部構造物総組ブロックの溶接変形を計算して比較し、最適ひずみ取り工程の選択方法について論じた。

16:40-17:00

Altair OptiStructと人工知能(AI)を用いた船体構造の新しい骨組強度評価法の開発(続報)

長崎総合科学大学 工学部工学科 船舶工学コース 准教授 古野 弘志 様

一般に、船体は連続的な構造部材で構成されるため、隣接する構造部材の影響を考慮する必要がある。このような問題は、Lagrangeの未定乗数を用いたエネルギー法を適用することによって比較的容易に解くことができるが、多元連立方程式を解く等の煩わしさがある。しかし、ある種の問題では、荷重とスパンを変数とする簡単な関数でLagrangeの未定乗数を決定することができる。ここでは、このLagrangeの未定乗数に端部固着係数を導入し、OptiStructの解析結果を学習させた人工知能(AI)を用いることによって、より高精度な評価が可能か検討する。(今回の発表は、前回2019 ATCで発表した内容の続報となります。)

17:00-17:05

クロージング

10月15日(金) タブを切り替えて午前 / 午後のプログラムを表示
午前: HPC / データ分析
10:00-10:05

ご挨拶

副社長 阿部 大生

10:05-10:35

[基調講演]富岳によるSociety5.0の実現に向けたクラウド化の取り組み

国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS) センター長 松岡 聡 様

富岳は世界最高性能のスパコンであると同時に、巨大な汎用Armクラスタであり、HPC向けのソフトウェアスタックと、クラウドやビッグデータ・AI向けのソフトウェアスタックが共存していて、全てのユーザは利用可能である。それらにより、その性能や機能をフルに活かしたシミュレーションやAI、ビッグデータなどを駆使した種々の応用領域におけるデジタルツインを実現し、Society5.0の実現の中核的基盤としての役割が期待されている。その一部は、富岳上のコロナ対策の研究で実現されており、また、Altairを含む各社と協力して実現されるFugaku Cloud Platformで、それらの機能が使いやすい形で提供される予定である。

10:35-10:55

小規模開発単位におけるクラウドCAE環境の活用と導入効果

株式会社SUBARU 技術研究所 渡邉 圭一 様

株式会社SUBARU技術研究所において実施している車両全般の研究開発では広くHyperWorks製品群を使用している。
その中でも車両の衝突解析に代表される構造解析の分野は、計算規模が大きくその計算資源の確保は大きな課題である。一方で、研究所の業務の特性上から常に計算資源を一定以上稼働させることは難しかった。このため、大規模計算機とそのライセンスの確保をオンプレミスで実施する場合は、導入効果が課題となった。
この解決策として、計算資源の確保とその効率的な運用を両立できると試算されたAltair Unlimited virtual applianceの導入を実施した。本発表では導入の背景と導入後1年間の導入効果について報告を行う。

10:55-11:15

PBSを活用した日産自動車におけるHPC Cloud活用戦略

日産自動車株式会社 エンジニアリング&デザインシステム部 シニアマネージャー 松原 大 様

⽇産⾃動⾞は、デザインから設計、⽣産までの⾞両開発プロセスをデジタル化し、CAD/CAM/CAEを活⽤することで、製品の試作実験前に設計品質を向上し、設計・製造期間の短縮とコスト削減を実現してきました。
昨今、安全・排気・燃費・騒⾳などの各国法規制の強化、電動化・⾃動運転などの新たな技術適⽤のため、CAEのコンピューターシミュレーションを活⽤した 『デジタル性能検証』の重要度・計算ニーズは年々増しており、今まで以上に早く柔軟にデマンドに対応できるシミュレーション⽤HPCシステム(High Performance Computing)が求められています。
本講演では早く柔軟にデマンドに対応できるソリューションとしてHPC Cloud を、JOBスケジューラー Altair PBS Professional を介して積極的に活⽤した事例と、今後の展望を紹介します。

※会期後の資料公開なし

11:15-11:35

Altair Knowledge Studio及びAI自動実行ツールを用いた高効率トポロジー最適化解析の活用事例

株式会社中央エンジニアリング 航空宇宙事業部 部長代理 志谷 徹 様

近年、様々な分野の製品開発において金属3D積層造形をはじめとするAM(Additive Manufacturing)技術の適用拡大に伴い、トポロジー最適化解析を用いた設計手法が注目されている。
一方で、解析を実行する上で最適化条件の設定方法や中間密度と呼ばれるファジーな解析結果の取り扱いなどの課題があり、期待する様な最適設計案を導出するまでに多くの時間を費やしまうことでトポロジー最適化を利用した製品開発の足枷となることが度々生じる。
そこで、これらの課題解決のためトポロジー最適化解析に機械学習技術を応用することで、所望する設計要求を最大限に満足する解析結果を短時間で導出することが可能となる新たな設計アプローチについての事例を紹介する。

11:35-11:55

機械学習を用いた歩行者脚部傷害値予測モデル(サロゲートモデル)の精度向上への取組み

日産自動車株式会社 企画・先行技術開発本部 先行車両性能開発部 衝突安全性能先行開発・安全戦略グループ 大谷 竜士 様

衝突安全の情報公開試験であるNCAP試験の1つとして、歩行者の脚部を模擬した脚部インパクター試験がある。本試験で評価される傷害値を短時間で予測可能とするサロゲートモデルを、CAEによるビッグデータを用いた機械学習により作成した。今回、機械学習と予測分析の機能を備えているKnowledge Studioを活用し、最適な機械学習アルゴリズムを選択、ハイパーパラメーターを最適化することで、作成したサロゲートモデルの精度をCAE本数の増加無しに向上できたので、その手法について述べる。

※会期後の資料公開なし

11:55-12:15

機械学習を用いたキャブROPSの変形予測

日立建機株式会社 実験解析評価センタ 鵜澤 知輝 様

製品開発においては、様々な設計制約のもとで各性能が目標値を満足する必要があるが、近年では、開発品質・効率向上のため、CAEにより事前に各性能の予測を行っている。
しかし、運転室の乗員保護構造であるキャブROPSのような、変形に座屈・破断を伴う複雑な事象は、設計変数と性能の関係に強い非線形性があり、効率良く性能を予測することが困難である。
そこで、解析で得られた結果データに対して、クラスタリングやニューラルネットワークを用いて設計変数とROPS性能に大きな影響を及ぼす変形モードとの関係を瞬時に予測するモデルを構築した。本講演では、予測モデルの構築方法を中心に紹介する。

※会期後の資料公開なし

12:15-12:30

スポンサー講演

TBD

※会期後の資料公開なし

午後: マルチフィジックス
13:00-13:30

[基調講演]TBD

セイコーエプソン株式会社 取締役会長 碓井 稔 様

※会期後の資料公開なし

13:30-13:50

コンビニ向け冷蔵ショーケースにおける熱流体解析の適用事例

サンデン・リテールシステム株式会社 ビジネスソリューション本部 技術システム部

コンビニ、スーパーなどの店内に設置されている冷蔵(冷凍)ショーケースは、商品の鮮度や品質を維持するために、一定の温度を保つことが求められている。ショーケースには用途により様々な種類があり、中でもオープン多段ショーケースは、店内の空調の影響を直接受けやすく、均一な温度の製品を設計することは容易ではない。顧客要望に沿った性能の良いショーケースを設計するためには、ケース内気流と外部領域の影響を考慮する必要があり、状況を把握するためには熱流体解析が大変有効である。ショーケースの構造は複雑であり、安定的な解析をするためには高い解析技術を要する。
今回、Altair AcuSolveをこのショーケースに適用した事例を紹介する。

※会期後の資料公開なし

13:50-14:10

ものつくりプロセスにおける熱流体数値シミュレーションの活用~医療用人工肺設計および金属積層造形の例~

島根大学 次世代たたら協創センター 教授 新城 淳史 様

高機能・高付加価値の製品の製造には高度な設計が必要になる。計算機性能の向上およびモデルの高度化によって実験とともに数値解析の果たす役割は年々増している。ここでは、複雑流れの解析例として医療用人工肺における血栓防止のための血流温度管理、および医療用インプラントや航空宇宙部品の複雑形状製造のための金属積層造形(3Dプリンティング)の例を紹介する。それぞれ、複雑形状内の熱伝達、急加熱・急冷却を伴う相変化・流動など複雑な現象が絡んでおり、このような解析に対するCFDソフトウェアの活用と今後の展開に関する期待について述べる。

14:10-14:30

LBMを用いたLESによる高層建物に作用する風圧予測(仮題)

鹿島建設株式会社 技術研究所 都市防災・風環境グループ 上席研究員 伊藤 嘉晃 様

※会期後の資料公開なし

14:30-14:50

非定常CFDによるトラック追い越し時の通過車両周りの流れ場および空気力の解析

トヨタ自動車株式会社 先進プロジェクト推進部 谷口 真潮 様

80㎞/h走行のトラックを100㎞/hで追い越す乗用車周りの風流れに関して、非定常CFDを用いて流れ場と空気力の関係を調査した。結果、トラック前端から発生する渦構造が乗用車に加わる横力およびヨーイングモーメントの変動成分に起因することを明らかにした。

※会期後の資料公開なし

14:50-15:10

ultraFluidXを用いたサンルーフ空力音予測技術開発

株式会社アイシン 解析技術部 CAE開発室 主任 大江 健司 様

サンルーフは、開口状態で走行した際に発生するウインドスロッブ(低周波音)の低減のため、開口部前縁に風を偏向するデフレクタが設けられる。背反として、空気の流れが原因となり、デフレクタから高周波の空力音が発生する。従来のシミュレーション手法では、空気の流れが原因となる高周波音の予測は計算負荷が非常に高く、実用化が困難であった。
今回、格子ボルツマン法とGPUによる高速計算が可能なultraFluidXをサンルーフデフレクタ笛吹音予測に適用し、有効性を検証した。結果、従来手法では困難であった笛吹音の再現と、実測との相関を確認することができた。また計算時間も速く、実用化の見込みが高いことを確認した。

※会期後の資料公開なし

15:10-15:30

TBD

Altair シニアアプリケーションスペシャリスト 木原 太郎 / 株式会社数値流体力学コンサルティング 代表取締役 川村 隆文 様

15:30-15:50

[特別講演]3D都市モデル「PLATEAU」が実現する未来

国土交通省 都市局都市政策課 内山 裕弥 様

2020年度から始動した国土交通省主導による3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化事業Project ”PLATEAU(プラトー)”。
現実の都市空間をサイバー空間上に再現した3D都市モデルの活用により、精緻なシミュレーションや高度な分析、新たなサービス創出など、新しい価値が生まれつつある。
PLATEAUの活用により、どのようなソリューションが生まれ得るのか、これまでの取組と今後の課題について講演する。

※会期後の資料公開なし

15:50-16:10

建設・鉱山機械の遠隔操縦化における複数アンテナの指向性を考慮した電磁界・電波伝搬解析の事例紹介

コマツ 開発本部ICTシステム開発センタコンポハード開発グループ 技師 藤岡 昌彦 様

コマツではイノベーションによる価値創造の重点活動の一つとして、「建設・鉱山機械の自動化・遠隔操作化」に取り組んでいる。建設・鉱山機械は土砂の掘削や盛土によって自車周辺の電波環境を変化させるという特徴があり、遠隔操作化を行うための高速大容量通信の障壁となる。その為、稼働範囲を網羅した5GHz帯無線通信環境の整備が重要となり、その通信環境の予測技術についても併せて開発を進めてきた。今回、電磁界・電波伝搬解析による高精度の予測が可能となった為、Feko(電磁界解析)、WinProp(電波伝搬解析)で計算した結果を解析手順を含めて紹介する。

※会期後の資料公開なし

16:10-16:15

クロージング

10月14日(木) タブを切り替えて午前 / 午後のプログラムを表示
10月15日(金) タブを切り替えて午前 / 午後のプログラムを表示
午前: Thought leadership
午後: プリポスト/構造
午前: HPC / データ分析
午後: マルチフィジックス
10:00-10:15

ご挨拶

取締役社長 加園 栄一

10:15-10:45

The Convergence of AI, Simulation and HPC

James R. Scapa, CEO

Uwe Schramm
10:45-11:05

Path to Augmented Simulation

Uwe Schramm, CTO

Brett Chouinard
11:10-11:30

Pandemic, Proof that the Cloud is Here to Stay

Brett Chouinard, CTO

11:30-11:50

Embracing a Data-informed Culture, Why Now?

Sam Mahalingam, CTO

13:00-13:30

[基調講演]ホンダ“ものづくり”改革

本田技研工業株式会社 デジタル改革統括部 プロダクトライフサイクルマネジメント部 部長 石崎 哲男 様 / 完成車開発統括部 開発品質課 チーフエンジニア 上田 稔 様

自動車業界を取り巻く環境変化、特にカーボンニュートラルは我々のビジネスモデルに大きな影響を及ぼしています。

大量生産、大量消費の時代は終焉を迎え、コロナに端を発したデジタル化の加速も相まり、過去のビジネスモデルが通用しない時代に突入しました。この様な背景を受けて、サステナブルな社会、多様な顧客ニーズへの対応、レジリエントな組織の実現に向けて、デジタルを活用した企業体質強化と新価値創造が求められています。

今回は、体質強化の取り組みとしてHONDAが進めている 『ものづくりデジタル改革』について紹介します。

13:30-13:50

商用車駆動系コンポーネントの振動、強度評価へのSimSolid活用による評価精度向上、期間短縮(仮題)

日野自動車株式会社 ドライブトレーン開発部 主幹 須藤 伸也 様

13:50-14:10

Ultrasim® - 樹脂の特性を考慮した解析技術

BASFジャパン株式会社 パフォーマンズマテリアルズ事業部 技術グループ 平田 稔 様

従来より、自動車業界において軽量化や部品点数の削減を目的とした金属部品の樹脂化が行われてきました。現在では、設計の最適化を目指し設計余裕度の縮小を目指すお客様が増えてきております。弊社は今後も金属部品の樹脂化はさらに加速されると考えており、必要な予測技術の開発を進めております。
本講演にて、樹脂製品設計における弊社のサポート体制とガラス繊維複合材料を用いた解析技術を製品事例を用いてご紹介いたします。また今後の製品開発において必要とされる予測技術として開拓された弊社の新たな解析技術をご紹介いたします。

※会期後の資料公開なし

14:10-14:25

スポンサー講演

株式会社電通国際情報サービス

※会期後の資料公開なし

14:25-14:45

トポロジー最適化を用いたCFRTPマルチマテリアル自動車車体構造の軽量化

日産自動車株式会社 先端材料・プロセス研究所 竹本 真一郎 様

車体の骨格部品の軽量化と低コスト化を両立するため、トポロジー最適化解析と大変形構造解析を用いて、ボディサイドパネルのアルミニウム/CFRTPマルチマテリアル構造設計を行った。この結果、50%の軽量化を達成するとともに、大幅部品点数削減と、高価なCFRTPの使用量最小化による低コスト構造を見出した。さらにボディサイドパネルの一部である実部品サイズのBピラーを試作、実験評価し、この構造コンセプトの生産性と剛性・強度の成立可能性を実証することができた。

※会期後の資料公開なし

14:45-15:05

冷却水用加圧式リザーブタンクへのCAE解析活用事例

和興フィルタテクノロジー株式会社 CAE解析グループ 細野 佳明 様

冷却水用加圧式リザーブタンクは高温高圧で使用され、車両の振動も受ける樹脂製品である。過酷な環境にさらされながらも、軽量かつ高い信頼性を持った樹脂製タンクを開発するため、その開発段階ではCAE解析による様々な評価を行っている。
本講演では、初期構想設計から、詳細設計や妥当性検証、製造性検討の各段階にて使用しているCAE解析の活用事例を、トポロジー最適化や板厚最適化、振動や熱、疲労等の各種解析、樹脂成形解析事例等、幅広く御紹介する。

15:05-15:25

次世代eVTOL実現に向けたJAXAの挑戦

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 構造・複合材技術研究ユニット 青木 雄一郎 様

JAXAではトポロジー最適化を活用した山間部物輸eVTOL(electric Vertical Take-Off and Landing: 電動垂直離着陸機)の機体設計手法について研究を進めています。各部位の補強構造案をトポロジー最適化により取得し、炭素繊維自動積層機、炭素繊維刺繍機、3Dプリンター等の自動製造技術により試作し、工法の実用化に向けた基礎データを収集しています。本講演では、トポロジー最適化で得られたドローン機体構造の製造性や構造一体化による部品点数の削減効果、構造軽量化の可能性について紹介いたします。

15:25-15:45

機構解析の事例紹介および設計の効率化手法について

日本プラスト株式会社 先行開発部 山本 修平 様

自動車のコンソールやグローブボックスなどの機構部品は、使用するスプリングやダンパーによりリッドの開く時間や操作荷重をコントロールしている。弊社では、それらを開発初期からMotionSolveを活用し、性能予測を行っている。最近では、開発期間の短縮を目的に、使用するスプリングやダンパーを効率良く選定する為、HyperStudyを活用している。本講演では、アルテア製品の活用事例と機構部品設計の効率化の取り組みについて紹介する。

※会期後の資料公開なし

15:45-16:00

[スポンサー講演] 今こそ取り組むデジタルエンジニアリング展開 ~設備設計、生産準備、製造工程へのDX/3Dデータ活用~

富士通株式会社 COLMINA事業本部PLMソリューション事業部 大倉 信昭 様

CAE活用に取り組まれているお客様は、製品開発における様々なシーンで3Dデータを活用したデジタルエンジニアリングを実現されてきたと思いますが、ものづくり全体のDXに向けては、3Dデータ活用は他にも様々な可能性を秘めています。例えば、300万部品におよぶ大規模な機械装置設計、組立業務や工程設計におけるデジタル生産準備、過去トラブル及び対策情報などのナレッジ共有、ロボットプログラムの自動生成、リモート設計環境実現、など様々な活用が可能です。本講演では、製品開発領域のみならず、ものづくり全体へのデジタルエンジニアリング展開を実現する富士通の取り組みをご紹介いたします。

※企業ブースのアンケート回答者に講演資料提供

16:00-16:20

船体構造設計支援ツール“PrimeShip-HULL” ~世界最大規模のHyperWorksカスタマイズ~

一般財団法人 日本海事協会 船体開発部 主管 長 俊寿 様

PrimeShip-HULLは、ClassNKが提供する船体構造規則・ガイドラインに基づいた評価を行うためのHyperWorksをプラットフォームとした船体構造設計支援ツールです。
国内外の主要な造船所・設計会社において広く使用されており、船舶向けにカスタマイズされた様々な機能が、ユーザの設計工数削減に寄与するとともに安全かつ経済的な船舶の開発に貢献しています。
現在、新しいHyperWorksに対応した次世代PrimeShip-HULLの開発を進めており、本講演では、最新のカスタマイズ事例や今後の展開についてご紹介いたします。

16:20-16:40

船体ブロック溶接工程最適化におけるHyperWorksの活用

大阪大学大学院工学研究科 地球総合工学専攻船舶海洋工学部門 教授 大沢 直樹 様

大阪大学工学研究科と大阪大学接合科学研究所が共同開発した固有歪法大型溶接構造物組立シミュレータJWRIANSHPにHyperWorksインタフェースを実装し、溶接・ひずみ取り(熱矯正)で生じる大型構造物の溶接変形を短時間・軽計算負荷で計算することを可能にした。これにより、生産現場で溶接・ひずみ取り工程の最適化が可能になった。開発システムを用いて、異なるひずみ取り工程に対する船体上部構造物総組ブロックの溶接変形を計算して比較し、最適ひずみ取り工程の選択方法について論じた。

16:40-17:00

Altair OptiStructと人工知能(AI)を用いた船体構造の新しい骨組強度評価法の開発(続報)

長崎総合科学大学 工学部工学科 船舶工学コース 准教授 古野 弘志 様

一般に、船体は連続的な構造部材で構成されるため、隣接する構造部材の影響を考慮する必要がある。このような問題は、Lagrangeの未定乗数を用いたエネルギー法を適用することによって比較的容易に解くことができるが、多元連立方程式を解く等の煩わしさがある。しかし、ある種の問題では、荷重とスパンを変数とする簡単な関数でLagrangeの未定乗数を決定することができる。ここでは、このLagrangeの未定乗数に端部固着係数を導入し、OptiStructの解析結果を学習させた人工知能(AI)を用いることによって、より高精度な評価が可能か検討する。(今回の発表は、前回2019 ATCで発表した内容の続報となります。)

17:00-17:05

クロージング

10:00-10:05

ご挨拶

副社長 阿部 大生

10:05-10:35

[基調講演]富岳によるSociety5.0の実現に向けたクラウド化の取り組み

国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS) センター長 松岡 聡 様

富岳は世界最高性能のスパコンであると同時に、巨大な汎用Armクラスタであり、HPC向けのソフトウェアスタックと、クラウドやビッグデータ・AI向けのソフトウェアスタックが共存していて、全てのユーザは利用可能である。それらにより、その性能や機能をフルに活かしたシミュレーションやAI、ビッグデータなどを駆使した種々の応用領域におけるデジタルツインを実現し、Society5.0の実現の中核的基盤としての役割が期待されている。その一部は、富岳上のコロナ対策の研究で実現されており、また、Altairを含む各社と協力して実現されるFugaku Cloud Platformで、それらの機能が使いやすい形で提供される予定である。

10:35-10:55

小規模開発単位におけるクラウドCAE環境の活用と導入効果

株式会社SUBARU 技術研究所 渡邉 圭一 様

株式会社SUBARU技術研究所において実施している車両全般の研究開発では広くHyperWorks製品群を使用している。
その中でも車両の衝突解析に代表される構造解析の分野は、計算規模が大きくその計算資源の確保は大きな課題である。一方で、研究所の業務の特性上から常に計算資源を一定以上稼働させることは難しかった。このため、大規模計算機とそのライセンスの確保をオンプレミスで実施する場合は、導入効果が課題となった。
この解決策として、計算資源の確保とその効率的な運用を両立できると試算されたAltair Unlimited virtual applianceの導入を実施した。本発表では導入の背景と導入後1年間の導入効果について報告を行う。

10:55-11:15

PBSを活用した日産自動車におけるHPC Cloud活用戦略

日産自動車株式会社 エンジニアリング&デザインシステム部 シニアマネージャー 松原 大 様

⽇産⾃動⾞は、デザインから設計、⽣産までの⾞両開発プロセスをデジタル化し、CAD/CAM/CAEを活⽤することで、製品の試作実験前に設計品質を向上し、設計・製造期間の短縮とコスト削減を実現してきました。
昨今、安全・排気・燃費・騒⾳などの各国法規制の強化、電動化・⾃動運転などの新たな技術適⽤のため、CAEのコンピューターシミュレーションを活⽤した 『デジタル性能検証』の重要度・計算ニーズは年々増しており、今まで以上に早く柔軟にデマンドに対応できるシミュレーション⽤HPCシステム(High Performance Computing)が求められています。
本講演では早く柔軟にデマンドに対応できるソリューションとしてHPC Cloud を、JOBスケジューラー Altair PBS Professional を介して積極的に活⽤した事例と、今後の展望を紹介します。

※会期後の資料公開なし

11:15-11:35

Altair Knowledge Studio及びAI自動実行ツールを用いた高効率トポロジー最適化解析の活用事例

株式会社中央エンジニアリング 航空宇宙事業部 部長代理 志谷 徹 様

近年、様々な分野の製品開発において金属3D積層造形をはじめとするAM(Additive Manufacturing)技術の適用拡大に伴い、トポロジー最適化解析を用いた設計手法が注目されている。
一方で、解析を実行する上で最適化条件の設定方法や中間密度と呼ばれるファジーな解析結果の取り扱いなどの課題があり、期待する様な最適設計案を導出するまでに多くの時間を費やしまうことでトポロジー最適化を利用した製品開発の足枷となることが度々生じる。
そこで、これらの課題解決のためトポロジー最適化解析に機械学習技術を応用することで、所望する設計要求を最大限に満足する解析結果を短時間で導出することが可能となる新たな設計アプローチについての事例を紹介する。

11:35-11:55

機械学習を用いた歩行者脚部傷害値予測モデル(サロゲートモデル)の精度向上への取組み

日産自動車株式会社 企画・先行技術開発本部 先行車両性能開発部 衝突安全性能先行開発・安全戦略グループ 大谷 竜士 様

衝突安全の情報公開試験であるNCAP試験の1つとして、歩行者の脚部を模擬した脚部インパクター試験がある。本試験で評価される傷害値を短時間で予測可能とするサロゲートモデルを、CAEによるビッグデータを用いた機械学習により作成した。今回、機械学習と予測分析の機能を備えているKnowledge Studioを活用し、最適な機械学習アルゴリズムを選択、ハイパーパラメーターを最適化することで、作成したサロゲートモデルの精度をCAE本数の増加無しに向上できたので、その手法について述べる。

※会期後の資料公開なし

11:55-12:15

機械学習を用いたキャブROPSの変形予測

日立建機株式会社 実験解析評価センタ 鵜澤 知輝 様

製品開発においては、様々な設計制約のもとで各性能が目標値を満足する必要があるが、近年では、開発品質・効率向上のため、CAEにより事前に各性能の予測を行っている。
しかし、運転室の乗員保護構造であるキャブROPSのような、変形に座屈・破断を伴う複雑な事象は、設計変数と性能の関係に強い非線形性があり、効率良く性能を予測することが困難である。
そこで、解析で得られた結果データに対して、クラスタリングやニューラルネットワークを用いて設計変数とROPS性能に大きな影響を及ぼす変形モードとの関係を瞬時に予測するモデルを構築した。本講演では、予測モデルの構築方法を中心に紹介する。

※会期後の資料公開なし

12:15-12:30

スポンサー講演

TBD

※会期後の資料公開なし

13:00-13:30

[基調講演]TBD

セイコーエプソン株式会社 取締役会長 碓井 稔 様

※会期後の資料公開なし

13:30-13:50

コンビニ向け冷蔵ショーケースにおける熱流体解析の適用事例

サンデン・リテールシステム株式会社 ビジネスソリューション本部 技術システム部

コンビニ、スーパーなどの店内に設置されている冷蔵(冷凍)ショーケースは、商品の鮮度や品質を維持するために、一定の温度を保つことが求められている。ショーケースには用途により様々な種類があり、中でもオープン多段ショーケースは、店内の空調の影響を直接受けやすく、均一な温度の製品を設計することは容易ではない。顧客要望に沿った性能の良いショーケースを設計するためには、ケース内気流と外部領域の影響を考慮する必要があり、状況を把握するためには熱流体解析が大変有効である。ショーケースの構造は複雑であり、安定的な解析をするためには高い解析技術を要する。
今回、Altair AcuSolveをこのショーケースに適用した事例を紹介する。

※会期後の資料公開なし

13:50-14:10

ものつくりプロセスにおける熱流体数値シミュレーションの活用~医療用人工肺設計および金属積層造形の例~

島根大学 次世代たたら協創センター 教授 新城 淳史 様

高機能・高付加価値の製品の製造には高度な設計が必要になる。計算機性能の向上およびモデルの高度化によって実験とともに数値解析の果たす役割は年々増している。ここでは、複雑流れの解析例として医療用人工肺における血栓防止のための血流温度管理、および医療用インプラントや航空宇宙部品の複雑形状製造のための金属積層造形(3Dプリンティング)の例を紹介する。それぞれ、複雑形状内の熱伝達、急加熱・急冷却を伴う相変化・流動など複雑な現象が絡んでおり、このような解析に対するCFDソフトウェアの活用と今後の展開に関する期待について述べる。

14:10-14:30

LBMを用いたLESによる高層建物に作用する風圧予測(仮題)

鹿島建設株式会社 技術研究所 都市防災・風環境グループ 上席研究員 伊藤 嘉晃 様

※会期後の資料公開なし

14:30-14:50

非定常CFDによるトラック追い越し時の通過車両周りの流れ場および空気力の解析

トヨタ自動車株式会社 先進プロジェクト推進部 谷口 真潮 様

80㎞/h走行のトラックを100㎞/hで追い越す乗用車周りの風流れに関して、非定常CFDを用いて流れ場と空気力の関係を調査した。結果、トラック前端から発生する渦構造が乗用車に加わる横力およびヨーイングモーメントの変動成分に起因することを明らかにした。

※会期後の資料公開なし

14:50-15:10

ultraFluidXを用いたサンルーフ空力音予測技術開発

株式会社アイシン 解析技術部 CAE開発室 主任 大江 健司 様

サンルーフは、開口状態で走行した際に発生するウインドスロッブ(低周波音)の低減のため、開口部前縁に風を偏向するデフレクタが設けられる。背反として、空気の流れが原因となり、デフレクタから高周波の空力音が発生する。従来のシミュレーション手法では、空気の流れが原因となる高周波音の予測は計算負荷が非常に高く、実用化が困難であった。
今回、格子ボルツマン法とGPUによる高速計算が可能なultraFluidXをサンルーフデフレクタ笛吹音予測に適用し、有効性を検証した。結果、従来手法では困難であった笛吹音の再現と、実測との相関を確認することができた。また計算時間も速く、実用化の見込みが高いことを確認した。

※会期後の資料公開なし

15:10-15:30

TBD

Altair シニアアプリケーションスペシャリスト 木原 太郎 / 株式会社数値流体力学コンサルティング 代表取締役 川村 隆文 様

15:30-15:50

[特別講演]3D都市モデル「PLATEAU」が実現する未来

国土交通省 都市局都市政策課 内山 裕弥 様

2020年度から始動した国土交通省主導による3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化事業Project ”PLATEAU(プラトー)”。
現実の都市空間をサイバー空間上に再現した3D都市モデルの活用により、精緻なシミュレーションや高度な分析、新たなサービス創出など、新しい価値が生まれつつある。
PLATEAUの活用により、どのようなソリューションが生まれ得るのか、これまでの取組と今後の課題について講演する。

※会期後の資料公開なし

15:50-16:10

建設・鉱山機械の遠隔操縦化における複数アンテナの指向性を考慮した電磁界・電波伝搬解析の事例紹介

コマツ 開発本部ICTシステム開発センタコンポハード開発グループ 技師 藤岡 昌彦 様

コマツではイノベーションによる価値創造の重点活動の一つとして、「建設・鉱山機械の自動化・遠隔操作化」に取り組んでいる。建設・鉱山機械は土砂の掘削や盛土によって自車周辺の電波環境を変化させるという特徴があり、遠隔操作化を行うための高速大容量通信の障壁となる。その為、稼働範囲を網羅した5GHz帯無線通信環境の整備が重要となり、その通信環境の予測技術についても併せて開発を進めてきた。今回、電磁界・電波伝搬解析による高精度の予測が可能となった為、Feko(電磁界解析)、WinProp(電波伝搬解析)で計算した結果を解析手順を含めて紹介する。

※会期後の資料公開なし

16:10-16:15

クロージング

過去のAltairユーザー会の資料一覧はこちら

講演資料一覧

協賛のご案内

本イベントへのご協賛に興味をお持ちの方は、jp-marketing@altair.comまでご連絡ください。

Platinum

Gold

Silver

後援

メディアスポンサー